パートとアルバイトに違いはあるか

パートでは家から近いところを選ぶ パートとアルバイトの違いは、一般的には学生などが学業の合間に働く場合をアルバイトと呼び、主婦などが働く際にはパートと呼ばれて区別されていることが多くなっています。法律ではパートとアルバイトの名称による区別は定義されていません。パートという言葉は、パートタイムジョブを略したもので、通常は正社員よりも1日当たりの労働時間が短くなっています。

一方、アルバイトの語源はドイツ語から来ていて、現在ではアルバイト収入のみで生計を立てている方は、フリーターと呼ばれています。パートは主婦が働く場合の呼称として使用されるイメージが強いですが、結婚している女性の場合、家事や子育てに忙しく、正社員としてフルタイムで働くことが難しいので、その合間を縫った労働の仕方として世間に広まっています。

しかし近年では、パートで働いている方は女性だけではなく、年金暮らしのご年配の男性が、パートタイムで働いている場合もあります。フリーター以外の学生の方のアルバイトでは、就職が決まれば自動的にアルバイトを辞めることになりますが、パートでは比較的長期間に渡って働くケースが多くなっています。結論としては、パートもアルバイトも短時間労働者という扱いになることから、名称による明確な違いはないといえます。

Copyright (C)2019パートでは家から近いところを選ぶ.All rights reserved.